一橋大学ホスピタリティ・マネジメントプログラム-シンガポール・ペナン国際研修プロジェクト

一橋大学大学院商学研究科経営学修士コース(HMBAコース)は、H21年度より「ホスピタリティ・マネジメントプログラム」(寄附者:東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ジェイティービー)を開設し、その一環として「シンガポール・ペナン国際研修プロジェクト」を8月に実施しました。

研修目的

  • わが国と同様に観光振興に力を入れるシンガポール・マレーシアにおいて、観光産業の現状を知るとともにその観光政策などにも理解を深め、将来のビジネスに繋がる人的関係を構築する。
  • 日本をオリジンとするサービス商品の両国への移入と両国でビジネス展開している企業の国際戦略について理解を深めることによって、ドメスティックに留まりがちな観光・ホスピタリティ業界の国際化、グローバル化を支援する。
  • ①わが国へのインバウンド市場としてのシンガポール・マレーシア、②中国、ヨーロッパ、アメリカ等のわが国と同様な市場をターゲットとする両国の取り組みを理解することにより、観光・ホスピタリティ業界の事業機会の創出と新しいビジネスモデルの構築に寄与する。

企画/主催

一橋大学大学院商学研究科経営学修士コース

訪問地

シンガポール:伊勢丹シンガポール、YKK AP FACADE、JTB Pte Ltd、NATAS Holiday 2012など
ペナン島:ローランガイ病院、マレーシア科学大学、ブルーマンション

研修期間

7泊8日(シンガポール5泊・ペナン島2泊)【8月23日〜8月30日】

研修人数

14名(他、引率教員 2名)

伊勢丹シンガポール訪問
YKK AP FACADE訪問
JTB Pte Ltd訪問
Marina Bay Sands 視察
如水会シンガポール支部のみなさんと
NATAS Holiday 2012 タイブースにて
JNTOシンガポール事務所所長の足立様と
シンガポールチャンギ国際空港視察
ローガンライ病院訪問
ローランガイ病院レセプション前
マーレシア科学大学訪問
ブルーマンション訪問
ペナン空港にて
シンガポールチャンギ国際空港にて